注目の記事 PICK UP!

女性の見た目年齢は自己啓発で若くなる!?

自己啓発ダイエットのKyokoです。

本日のテーマは、「女性の見た目年齢は自己啓発で若くなる!?」です。

見た目年見齢が若い人の共通する特徴って?

周りの人から見た目年齢が若いと言われるのは、誰でも嬉しいですね。これは女性に限った事ではなく、男性も同じ様に嬉しく思われる様です。

老けて見られるより、若くてはつらつとした印象は好感度も高く親近感も湧いてきます。

初対面の人に抱く印象は、パット見た瞬間に大体決まってしまいます。年齢よりも若く見える
外見や装い表情の明るさは、優しそうな人爽やかな人など瞬時に感じとってしまいます。

見た目年齢が若い人は、イキイキとしたパワフルな印象があります。

例外もありますが、その人の持つイメージは、その後大きく変わる事があまりない様で第一印象って大事だと思います。

一般的に高感度のある見た目が若い人の特徴はどんなところにあるのでしょうか?

最初に合った時、顔を見て知らずと年齢を判断しているのですが、特に女性はお肌の綺麗な人には同じ年齢でも若さを感じますね。シミやシワも極力少なく肌に張りがありイキイキした感じを受けます。

加齢を意識するお肌のたるみ、くすみ、ほうれい線、特に首筋など気になるところですね。

お手入れをされている人とそうでない人の差は歴然としています。
自分を表現する細やかなメイク、ファッションにも心掛けていますね。

年齢より若く見える人は、ヘアースタイルや髪も健康的で手入れをきちんとされている雰囲気がありますね。

年齢を重ねてもヘアースタイルに気を使っている人は素敵ですね。

勿論その人のイメージは顔や髪にとどまらず、全身の姿に醸し出す魅力にあります。明るくハツラツとして、姿勢が良くBODYにも気を使っていて無駄な贅肉もあまりないイメージがあります。

服装やバック、靴にも日頃の様子が伺われます。高級感のあるものではなくても、センスのいい服装や、きちんと整理されたパックの中、手入れされた靴一つ一つに心遣いが感じられます

トータル的に見て、違和感なくエネルギッシュで年齢よりも見た目若いですね。

若い時は誰でも魅力的ですが、年齢を重ねると何故か同じ年齢でも随分と老けて見える人と若く見えるの差を感じます。

以前出会った70歳の女性方はいつもおしゃれで、時には赤い靴に赤いスカーフ、赤い口紅をつけていましたが、少しも違和感なく周りの雰囲気まで明るくされていました。

70歳になると少し地味な服装にメイクも落ち着いた感じにとなりがちですが、おしゃれでいつも前向きで行動的な素敵な方でした。

見た目年齢より若さを感じるのは、その人を表現する動作や話し方、考え方までポジティブ思考でいつもイキイキしていますね。

見た目は大事です。特に第一印象で決まると言っても良いほどです。見た目年齢が若く見える人は、何よりも気持ちが若い!おしゃれで、いつも明るく元気です。

そして目標を持って、積極的に行動している方が多いですね。単なる外見的な事だけではなく内面から溢れる魅力にあるのかもしれません。

女性の見た目年齢を若くする方法!こんなに違う?

(見た目年齢若さキープする方法)

見た目年齢が若い人は顔だけ若いとかではなく、その人の体全体から感じ取る魅力だったりします。

美肌や健康的なスッキリBODYを手に入れたり、生き生きした若さを維持するはには、どの様な方法があるのでしょうか?

何もしないで通常の生活の継続では、年齢相応の見た目年齢で大きな違いはないでしょう。ただ食生活や睡眠、運動にも気を付けて、意識したライフ生活をおくっている人は、若さも維持できています。

若い肌は、ハリと弾力、潤いがあります。

加齢を意識するお肌のたるみ、くすみ、ほうれい線などは、日頃のお手入れである程度カバーできます。

朝起きた時気になる顔のむくみなどは、軽いタッチのリンパマッサージで、リンパの流れを改善し、スッキリとしたフェイスラインになってきます。

乾燥や紫外線のダメージからも、若さや美肌を維持する為のエイジングケアは必要です。

乾燥や紫外線の影響で小じわから深いしわまで、加齢と共に気になってきます。紫外線によっては表面だけでなく真皮まで影響を及ぼすものもあります。

若さのハリ・ツヤのもととなる真皮層にある、コラーゲンやエラスチン(弾力繊維)ヒアルロン酸などに影響を与え肌トラブルを招きます。

加齢や紫外線などの影響、ストレスによるホルモンバランスの乱れ不規則な食生活、また充分なスキンケア―ができてなかったり、睡眠不足などによってもターンオーバーの周期は乱れ肌の機能低下が生じてしまいます。

ターンオーバーを正常化し水分保持がしっかりできて、バリア機能を高めるスキンケア―で若くて健康な美肌へと繋がります。

活性酸素も細胞を酸化させてしましますので、老化の原因になります。野菜や果物に含まれるフィトケミカルは抗酸化力で活性酸素を除去するだけでなく、免疫力のアップなど、健康維持や改善にも期待されています。

見た目年齢を若く保つには、スキンケアと共に食事も気をつけて細胞生成に関わるたんぱく質やビタミン・ミネラルなど栄養を摂り新陳代謝をよくして、肌荒れの予防を心掛ける事は大事ですね。

身体も加齢や運動不足による筋肉量の低下などによって、代謝が下がり基礎代謝も低下するとエネルギー消費がされにくくなって太りやすくたるんでしまいます。

日常の中でも有酸素運動や筋トレなどを取り入れ健康を維持し、スタイルのいいBODY作りは、どんな服を着てもシルエットが美しく見えます。

頭の上から足先まで、トータル的に若さがみなぎっている人は、髪の毛もツヤがあり、お肌やボディーケアーもされていています。

髪型・ファッションは、若作りでもなく地味でもなく自分にあったおしゃれを楽しんでいる人は、顔色を明るく見せる方法でメイクも心掛けています。

ある年齢から綺麗ですね!と言われるより、若いですね!と言われた方が、とても嬉しく思えてきます。

いつもエネルギッシュで行動的に色々なコミュニティに参加して、自分磨きをし人生を楽しんでいる人が多いです。

その人の見た目は内面からくる若さや美さが装いとなり、実年齢よりもイキイキと感じさせてくれるのかもしれません。

見た目年齢が若く見える人は、若さを維持する努力を常にしていると言う事ですね。

見た目年齢は自己啓発で若くなるってあるの??

最近では、美意識が高くいつも若さをキープする秘訣や美容法を、取り入れている人は、やはり健康的に実年齢よりも若い方が多いですね。

女性は特に見た目年齢が若く見られると嬉しくなってきます。

日々のダラーとした生活感や、雰囲気を感じさせない女性の魅力、自分磨きをしている人は若く見えます。表情やファッションからもその人らしさが伝わってくるものです。

外見だけでなく内面からも若々しい人は、柔軟な思考で価値観に囚われずフレッシュで、エネルギッシュです。

若さにも肌年齢、肉体年齢、精神年齢などありますが、いつも前向きで目標や夢を追い求めている人は、心も若く感じますね。

しかし人は無意識のうちにもう年だから、ワクワクすることがないとか疲れたと疲労感をそのまま漂わせてしまう事もあります。

この様に感情にも輝きのない状態では、見た目年齢も老け顔になってしまいますで、若さをキープする上でも気をつけたいですね。

見た目綺麗で健康を維持し第一印象をよくすることは、人との出会いでも大きな意味を持ちます。

痩せすぎていても不健康に見えてしまいますし、又太り過ぎは自己管理が出来ていないのではないかと思われてしまいます。

単なるダイエットではなく筋肉を鍛えて機能的なBODY作り、運動だけでなく食事や健康管理までトータル的なケア―が出来ている人は、見た目年齢も若く見えますね。

スキンケア―に於いてセルフイメージを高く若々しい人生に変えるにはどの様な方法があるのでしょうか?

スキンケア―では、普段自分について抱いているイメージをメイクで表現しているので、本当になりたい自分のイメージに変え描く事でメイクも変わってきます。

それによって出会う人が変わったり、自分の気持ちや現実も変わってきます。人生が変わってきます。

セルフイメージ自分への思い込みを変え、自分を認め、他人の基準に合わせるのではなく、自分の価値観を基準にアクションを起こしていく事が大事です。

表面的な若さだけでなく、心を磨くことを積み重ねることで自然と笑顔になります。品格や美し
い所作を身に着けた女性は、見た目年齢よりも若く魅力的に感じます。

自分の人生に於いての目標やイメージを持って、アクティブに前に進んでいる人は、若さも健康も美も持ち備えている様な感じがします。

年齢を重ねてもいつまでも若々しくいたいと思います。

というわけで今日のテーマは、「女性の見た目年齢は自己啓発で若くなる!?
でした。

関連記事

  1. ダイエットは実体重より見た目が重要!?2週間で見た目体重を減らす方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

免責事項

当サイト上に掲載されている情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、当社および情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。

PAGE TOP